20


阪神淡路大震災から20年に
あの日の朝のことはよく覚えていまして、
大きな物音がしたのでお布団から飛び起き、
実家の2階にある私の寝室から1階のお茶の間へ
降りる階段の踊り場で揺れの激しさからへたり込み、
駆け込んだ両親の寝室にあるテレビで惨状を
眼にしました
また、丁度大学の試験中で、授業の出席点も試験も
厳しかった先生が被災され、その試験が中止になった
ことが当時の私にとってはとてもリアルでした
父が当時「ボランティアをしておいで」と言ってくれて
いたのですが、行きたい気持ちがありながら、なかなか
行動に移すことは出来ませんでした

今私が所属している団体は、ボランティア団体では
あるけれど震災当時私が望んだような活動
(被災地に出向くなど)に対してどのような向き合い方を
しているか今はまだわかりませんが(新米なので
団体の行事に必死に付いて行かせてもらっているだけなので)、
すくなくとも活動をさせてもらう側としてのお勉強を沢山して、
何かあった時は当時の私には全くなかった飛び出す勇気を
持てるようにしたいなぁ、と思って常々活動しています


震災のお話はお仕事場でもよく皆さんとしますよ
どれもこれも貴重なお話です
忘れることはできないよ