好み


今年の年始から映画館、DVD問わず
見た映画は必ずFacebookに「見た」
記録をつけておりまして、現在
新旧取り混ぜ、41本…
100は無理か…目標は100だったのですが

そんな中2回以上見たりするお気に入りの
映画にも出逢え、その中の一本は
「500日のサマー」
もう、めっちゃくちゃ好みの映画です
主人公が恋愛を通じて成長する…と
書いてしまうと有り体過ぎですが、
日常生活の様々な経験から変化させられる
感情に翻弄されながらも生きていく様を
見るだけでだけで、もうじゅうぶん
面白いなー、ドラマだなーと感じるのです
なので、こういう作品がとても好きですよ


しかし、この手の映画をお勧めしても
人様から私が思うほどの賛同を得られずで、
「あ、お好きそうな映画ですねー」で
大抵終わるのですが…

因みにこの映画の主人公を演じた
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットも
好みのタイプで、その手のお話も
「あ、なんかわかるー、好きそうー」で
終わりますねぇ


はいはい、理想が高いのではなく、
好みの的が狭い事は自覚済みですよ…