映画


なんとなく気になっていた映画
鑑定士と顔のない依頼人」観て
参りました
私が足を運んだ映画館は1日1度の上映と
ありましたので「上映終了間際かな?
閑散としてるだろなー」と思っていたら
超満員!
びっくりでした
確かに、とても面白かったです
ストーリーのやり切れなさはそりゃもう
しんどくて主人公に同情すること極まり
ないのですが、それに終始しない部分も
あってですね(これ以上はネタバレに)
そして何より様々な所に張られた伏線が
ばーっと畳み掛けて繋がっちゃう所が
とってもとっても面白かったです
(ネタバレせずに説明するのが、
難しいぃ…)
なんだかとっても映画らしい映画を
観れたなぁ、哀しいお話だけど
映画としてとても面白かったなぁと
思いましたー



そんなこんなで今月に入って3回も
映画館に足を運んでいる私
これも余力がある3月までのことかと
思われますが、今年はコンスタントに
映画見続けられればいいなぁ


因みに今年初めて観た映画は、年が明けて
からテレビのCS放送でたまたまやっていた

アウトレイジ ビヨンドでした
(しかももう何度目かの鑑賞…
アウトレイジも同じくです)
今年を象徴する一本になりませんように…
(好きな映画ではありますけれど)