甥コントロール

一昨日から姉と2人の甥っ子
(四歳と一歳)がインフルエンザで
撃沈…
ひとり親方の私は本当に役立たずの極み、
遠巻きにオタオタしながら眺めるのみ…
せめて先ほど長男甥っ子が電話で
「あんな、いっつも寝る前に
アンテルモ見るねん」(この日記の
ことです)と言っていたので、
おばちゃんは今日も更新頑張ります



そうそう、長男甥っ子といえば昨年おかげさまで
七五三をさせて頂いたのですが

なんでか衣装を着るのがちょっぴり嫌だった
みたいで号泣…
(あ、後ろのアンパンマンお布団は
お気になさらないで…因みに右側は
私ではありませんよ そっくりですけれど)

「あのねぇ、僕はねぇ、こんなの着たくないの」と
何故か関東弁でボヤく長男甥っ子
もー今にも脱ぎ出さん勢い!
せめて写真は後に残るから笑顔で頼む…と
思っていた所、閃いたのが

長男甥っ子大好き、栗拾いゲーム

一ヶ月ごとのノルマがあって、どんどん
木に成ってくるイガ栗をタップして
籠に落という単純なゲームなのですが

長男甥っ子、このゲームの何が
お気に入りかって言うと、誤って
腐ってしまった栗を籠に入れちゃったら
「くさっとる!」とつっこまれ、栗以外の
もの(何故か柿とかタワシとかも木になります)
を籠に入れちゃったら「栗ちゃうわ!」と
勢いよく叱られます
長男甥っ子、それが好きで…
なので写真撮影中はずーーーっと
「栗ちゃうわ!」「くさっとる!」
「レアちゃう?(こんなのもあるんです。」て
と全力で言いまくったお陰様で

最後の一枚は、超素敵な笑顔〜
あぁ栗拾いアプリ、ありがとう…


因みに


栗拾い後、こんなキャラクターが出てきます
なかなかコンプリート出来なくて
「くり夫」というキャラクターばかり
山ほど出てくるのですが、長男甥っ子と2人で
「またくり夫や〜ん」と言いながら
けたけた笑うのも、それはそれで
楽しいものです
次男甥っ子もゲームの行く末を凝視してて、
可愛いんすわ〜


自分一人でやってたら、きっと血眼になって
コンプリートしていたことでしょう…